リオ・リヴィジテッド

リオ・リヴィジテッド

2099円

リオ・リヴィジテッド

リオ・リヴィジテッド:私たちの当初の編集上の洞察は、モバイルテクノロジーが新世代のデジタル消費者を生み出したため、テクノロジーが文化の端から絶対的な中心に移行したというものでした。 アントニオ・カルロス・ジョビンのファミリーバンドであるバンダ ノヴァ(Banda Nova)の演奏によるボサ・ノヴァのスタンダード曲集です。ゲストに歌姫ガル・コスタを迎えてのロサンジェルス・ウィルテン・シアターでのライヴ録音です。途中に拍手や歓声、カルロス・ジョビンの語りが入りますので、臨場感たっぷりのアルバムに仕上がっています。1987年の録音ですから、ジョビンが鬼籍に入る7年前の収録です。その意味では貴重な演奏だと言えるでしょう。今でもよく取り上げられるボサ・ノヴァの名曲のほとんどをカルロス・ジョビンが作曲したということを考えますと、驚異的です。彼が存在していなければ、多分世界中にこれほどボサ・ノヴァ・ブームをもたらすこともなかったと思います。このアルバムの聞きどころは沢山ありますが、カルロス・ジョビンが語りかけるように始める「三月の雨」は面白い演奏でした。それに吊られる様に女声陣の掛け合いがなんとも温かく、心からこの曲を愛しているのが感じ取れます。「E」で始まる言葉を羅列しながら、少しずつ言葉を展開していき、最後に♪夏の終わりを告げる三月の雨 あなたの心の人生の誓い♪で締めくくるのが、お洒落でいいですよね。南半球のブラジルの気候を感じさせるステキな歌詞で、名曲だと思います。勿論、「ワン・ノート・サンバ」「デサフィナード」「おいしい水」などボサ・ノヴァの名曲はしっかりと収録されていますし、「ウェイヴ」「コルコヴァード」でのガル・コスタのハスキー・ヴォイスはとても雰囲気があり、ボサ・ノヴァの軽みがいたるところで感じとれます。あまり取り上げられるアルバムではありませんが、カルロス・ジョビンのヴォーカルとライヴ録音ということを考えますと価値あるアルバムだと言えるでしょう。ギフト,ショップ,買い物リオ・リヴィジテッド

みんな悩んで教師になる。

お知らせ

特集

連載

最新記事

教科指導案

オリジナル動画

協力者一覧

リオ・リヴィジテッド

  • 発達障害の子供の力の引き出し方・伸ばし方

    講師:柳家花緑(落語家)、高山恵子(えじそんくらぶ代表)オンライン開催

    申し込む
  • 【せんせいゼミナール】0歳~12歳 発達につまずきがある子の育ちをつなぐアプローチ〈第2回〉

    講師:川上康則先生(東京都立矢口特別支援学校教諭)、りっきー先生(モンテッソーリ教師)オンライン開催

    申し込む
  • ギフテッドの個性を知り、伸ばす方法〈第2回〉

    講師:片桐正敏先生(北海道教育大学旭川校教授)、小泉雅彦先生(ギフテッド・LD発達援助センター主宰)ほかオンライン開催

    申し込む

研究会カレンダー

2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2021年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2022年1月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2022年2月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
2022年3月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2022年4月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
京都府

第三錦林小学校研究発表会

雑誌最新号

リオ・リヴィジテッド

リオ・リヴィジテッド:私たちの当初の編集上の洞察は、モバイルテクノロジーが新世代のデジタル消費者を生み出したため、テクノロジーが文化の端から絶対的な中心に移行したというものでした。 アントニオ・カルロス・ジョビンのファミリーバンドであるバンダ ノヴァ(Banda Nova)の演奏によるボサ・ノヴァのスタンダード曲集です。ゲストに歌姫ガル・コスタを迎えてのロサンジェルス・ウィルテン・シアターでのライヴ録音です。途中に拍手や歓声、カルロス・ジョビンの語りが入りますので、臨場感たっぷりのアルバムに仕上がっています。1987年の録音ですから、ジョビンが鬼籍に入る7年前の収録です。その意味では貴重な演奏だと言えるでしょう。今でもよく取り上げられるボサ・ノヴァの名曲のほとんどをカルロス・ジョビンが作曲したということを考えますと、驚異的です。彼が存在していなければ、多分世界中にこれほどボサ・ノヴァ・ブームをもたらすこともなかったと思います。このアルバムの聞きどころは沢山ありますが、カルロス・ジョビンが語りかけるように始める「三月の雨」は面白い演奏でした。それに吊られる様に女声陣の掛け合いがなんとも温かく、心からこの曲を愛しているのが感じ取れます。「E」で始まる言葉を羅列しながら、少しずつ言葉を展開していき、最後に♪夏の終わりを告げる三月の雨 あなたの心の人生の誓い♪で締めくくるのが、お洒落でいいですよね。南半球のブラジルの気候を感じさせるステキな歌詞で、名曲だと思います。勿論、「ワン・ノート・サンバ」「デサフィナード」「おいしい水」などボサ・ノヴァの名曲はしっかりと収録されていますし、「ウェイヴ」「コルコヴァード」でのガル・コスタのハスキー・ヴォイスはとても雰囲気があり、ボサ・ノヴァの軽みがいたるところで感じとれます。あまり取り上げられるアルバムではありませんが、カルロス・ジョビンのヴォーカルとライヴ録音ということを考えますと価値あるアルバムだと言えるでしょう。ギフト,ショップ,買い物リオ・リヴィジテッド